【DeNA】井納翔一 5回2失点で今季初勝利 ラミレス監督「次回登板は明日(25日)決める」

ヒーローインタビュー後、井納翔一(左)と肘タッチする梶谷隆幸
ヒーローインタビュー後、井納翔一(左)と肘タッチする梶谷隆幸

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA3―2中日(24日・横浜)

 DeNAの井納翔一投手(34)が今季初登板で5回8安打2失点に抑え、初勝利を挙げた。

 登板前にはマウンドに「一」と指で記して出陣。「一という漢字を書きました。1球、1打者、1アウトが大事。心に思って投げるためにです」と気合十分だった。

 2回、高橋に逆方向へ2ランを許したが、その後は粘投。4回2死満塁、遠藤を空振り三振に斬ると、珍しくド派手なガッツポーズでほえた。「球数(5回、96球)が多くなった。自分がもう1イニングでも多く投げれば中継ぎの疲労をなくせる。今後はできるように集中して投げたい」と振り返った。

 ラミレス監督は「期待通りの投球。井納が勝ち投手になれたのはうれしく思います。中継ぎも皆、仕事をしてくれた。三嶋がピンチを切り抜けたのが大きかった」と笑顔。井納の次回登板については「明日(25日)決める。トレーナーのチェックがあるので明日結論を出す」と慎重だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請