【ソフトバンク】初回に鮮やかな先制攻撃 打順変更が奏功

初回、中越えに3ランを放つソフトバンク・上林
初回、中越えに3ランを放つソフトバンク・上林

◆西武―ソフトバンク(24日・メットライフD)

 オーダーを変更したソフトバンクが初回に先制攻撃。一挙、4得点を挙げた。

 1番には売り出し中の栗原を2試合ぶりに起用。19日のロッテとの開幕戦(ペイペイD)で、サヨナラ打をマークした若タカが、5試合連続安打となる中越え二塁打で出塁。今宮の二ゴロ、柳田の四球で1死一、三塁としバレンティンの右犠飛で先制した。

 「いい形で打席が回ってきて、先制することができて良かった。ここから、どんどん打点を稼げるようにしないとね」。新加入の助っ人砲の移籍後、初打点で先制すると長谷川が中前打でつなぎ、今季初めて6番に入った上林が初球をたたき、バックスクリーン右へ1号3ラン。「前のバッターも積極的に打ちにいっていたので、自分も同じ気持ちで打ちにいきました」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請