スポーツ報知は新企画「報知美術部」をスタートしました。世界で唯一のアートテラーと名乗る元吉本興業のお笑い芸人とに~がナビゲーター。「敷居が高い…」、「難しい…」と敬遠しがちな美術ですが、その魅力を分かりやすく、かつ面白く独自の視点やネタを交えて名作の数々を解説します。

【報知美術部】新連載スタート! 第1回はゴッホの「ひまわり」…サザンオールスターズのような絵

 
 

 楽しく美術を伝えるアートテラー・とに~(37)がナビゲーターを務める新連載「報知美術部」がスタートします。第1回は、日本人が大好きなフィンセント・ファン・ゴッホの《ひまわり》。東京・国立西洋美術館で開幕した「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」(主催・読売新聞社など)では初来日の傑作が見られます。誰もが知る名画の知られざる魅力とは。

 ようやく来てくれましたか…。絵を前にして思いが咲き乱れています。

 ゴッホの絵はトム・クルーズ並みの頻度で来日していて、毎年のように展覧会がありますが、今回の《ひまわり》は初来日です。教科書にも載っているくらい、みんな知ってる代表作中の代表作。その中でも最も有名な《ひまわり》なんです。

報知美術部スタート!

 ゴッホは花瓶に挿されたひまわりの絵を7枚描きました。1888年、南仏アルルのアトリエで共同生活を送ることになった友人の画家ポール・ゴーガンを出迎えるサプライズのために。かつて別のひまわりの絵を描いた時に「君のひまわりと僕の絵を交換してくれよ」と言われていたので、喜んでもらおうと思ったんですね。アトリエを訪れたゴーガンは感激したようで、特に気に入って寝室の壁に飾ったのが、今回来日した《ひまわり》です。

  • フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」1888年
  • フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」1888年

 目を奪われるのはその色鮮やかさ。花、花瓶、背景、置き場所が全て黄色で統一されています。実は描いたアトリエの外観も黄色でした。ゴッホは好きな画題を、徹底的に好きな色で描く勝負をしたんです。自信作だったそうで、花瓶に「Vincent」のサインを入れています。

 15本ある花には、それぞれ個性があります。咲き誇る花、枯れた花。ずっと見ていると、植物というより生物のように…さらには怪物のようにも見えてくる。ゴッホは《ひまわり》に何を投影したのか。それは本人しか分かりません。しかし、92・1センチ×73センチの実物を見れば筆跡から何かを感じ取るはずです。

  •  
  •  

 浮世絵好きだったゴッホ。日本を愛し、そして日本に愛されている画家です。日本人は彼の作品はもちろん、熱い生き様や不遇のまま37歳という若さで世を去った人物像にも深く魅了されています。だから、象徴となる《ひまわり》は特に大好きなんです。

 《ひまわり》を別の何かに例えるとですか? う~ん…。「サザンオールスターズのような絵」でしょうか。老若男女の日本人に愛され、常に夏を想起させ、南の方角を向き、人々に元気を与え続けています。美しく、楽しげなだけではなく、桑田佳祐さんの歌声のように独特の味わいもある。

 この《ひまわり》はロンドン・ナショナル・ギャラリーに1924年に所蔵されて以来、一度も門を出たことがありません。そんな作品が2020年の日本で、しかも、近くから肉眼で見られる。サザンの一番の名曲が生で聴けるようなものです。絵画も音楽も、実物を前にしないことには本当のすごさは分かりません。

  •  
  •  

 ちなみに、15世紀のルネサンス時代の作品から始まる今回の展覧会では、19世紀末に描かれた《ひまわり》は新参者と言えますが、別格の1枚としてラストを飾っています。北島三郎さんや石川さゆりさんを差し置いて、キャリアの浅い歌手が紅白歌合戦の大トリを飾るようなものです。いかに日本人に愛されているか分かります。

  •  
  •  

 新型コロナウイルスは日本、そして世界の美術界に打撃を与えました。だからこそ再び幕が上がり、見る者に元気を与える《ひまわり》と出会えることには大きな意味があります。美術界復活の象徴として長く記憶されることを願っています。

  • ゴッホの自画像 1889年(Alamy/PPS通信社)

    ゴッホの自画像 1889年(Alamy/PPS通信社)

◆フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)1853~90年。オランダ生まれ。画廊や書店で働き、27歳で画家に。激情を投影した筆遣いと大胆な色彩感覚で「炎の画家」と称される。発作による入退院を繰り返し、37歳で拳銃自殺(他殺説も)。生前売れた絵は1枚だが、ポスト印象派の代表的画家として世界的人気を誇る。代表作に《ひまわり》《夜のカフェテラス》《星月夜》《タンギー爺さん》など。【 《ゴッホの自画像》1889年(Alamy/PPS通信社)】

  • カルロ・クリヴェッリ「聖エミディウスを伴う受胎告知」1486年
  • カルロ・クリヴェッリ「聖エミディウスを伴う受胎告知」1486年

 カルロ・クリヴェッリの《聖エミディウスを伴う受胎告知》(1486年)は、これぞ「本物を見ないと本当のすごさは伝わらない絵画」の代表格だと思います。  細密画は絵のサイズが比較的小さいものが多いのですが、これは207センチ×146・7センチという堂々たる大きさで、全体の迫力がありながらも細部の描き込みがものすごく精密な、珍しい作品です。  天から射す光、クジャクの羽根の陰影、木部の細か~な木目、立体感と奥行き…。じーっと見ていたくなって、気が付くと時間が経ってしまう。そんな作品です。  額縁にも注目です。作品集や図録ではトリミングされてしまう部分ですが、本作は特に額縁も含めてひとつの世界観を作り上げているように思えます。  誰もが知るスーパースター的な画家が集った今回の展覧会では、クリヴェッリは超有名な人とは言い難いかもしれませんが、これを期に、朝ドラのヒロインの旦那さんのような存在になって人気が上昇する可能性は大いにあると思います。

  • ヨハネス・フェルメール「ヴァージナルの前に座る若い女性」1670-72年頃
  • ヨハネス・フェルメール「ヴァージナルの前に座る若い女性」1670-72年頃

 フェルメールの《ヴァージナルの前に座る若い女性》(1670―72年頃)も今回の展覧会における目玉です。  フェルメールと言えば《牛乳を注ぐ女》のように、窓から光が射し込んでいる絵で知られています。代表作の《真珠の耳飾りの少女》も窓自体は描かれていませんが、暗闇に浮かぶ少女の顔はどこかから届く光に照らされている。  ところが、今作は窓の外が暗く独特の空気感があります。夜、もしくは曇り空や雨の日の室内を描いたのかもしれないですね。40点に満たないフェルメールの全作品群の中で異彩を放っており、最晩年に描かれた作品ということも含めて、必見の価値があると思います。

◆ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ロンドン・ナショナル・ギャラリーは西洋絵画に特化した世界屈指の美術館。200年の歴史で初めて館外で大規模に開催される今年最大級の展覧会。61点すべて初来日、他にもゴーガン、セザンヌ、ドガ、ルノワール、モネ、レンブラントなど英国外では初めて見られる名作が集結した。東京・国立西洋美術館(6月18日~10月18日)と大阪・国立国際美術館(11月3日~来年1月31日)で開かれる。尚、国立西洋美術館での入場券販売はなし、観覧は日時指定制。詳細は公式サイトで確認を。

 
フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」1888年
 
 
 
ゴッホの自画像 1889年(Alamy/PPS通信社)
すべての写真を見る 10枚

とに~
 (本名・大山 敦士) 1983年3月20日、千葉県八千代市生まれ。千葉大卒業後、吉本興業のNSC東京を経て、お笑いコンビ「ツインツイン」のツッコミを担当。アートテラーとしての活動も始め、イベントやメディア出演などで美術の魅力を伝える。著書に「ようこそ! 西洋絵画の流れがラクラク頭に入る美術館へ」「東京のレトロ美術館」。ブログ「ここにしかない美術室」を連日更新。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請