萩野公介 五輪延期に「さみしい思いあった」プール練習解禁に「強く感謝」

平井伯昌コーチ(右)とともに笑顔でトレーニングに励む萩野公介(IMPRINT提供)
平井伯昌コーチ(右)とともに笑顔でトレーニングに励む萩野公介(IMPRINT提供)

 競泳のリオ五輪金メダリスト・萩野公介(25)=ブリヂストン=が24日、オンラインで報道各社の取材に応じ、近況を報告した。萩野が取材に応じるのは、新型コロナウイルス感染拡大による3月の東京五輪延期決定後、初めて。

 4月の代表選考会を兼ねた日本選手権を目前に延期が決定し、選考会も来年に持ち越しとなった。当時の心境を「僕としてはトレ―ニングをちゃんと積んでいた気持ちはあった。その成果を表現する場所がなくなったのは純粋にさみしい思いがあった」と明かした。最終的に五輪は1年延期と決まったが「準備の期間ができたとプラスにとらえて、また頑張ろうという気持ちになった」と切り替えたという。

 ここ数年は不振が続き、選考会の結果には注目が集まっていた。もし今年五輪があったら、という質問には「正直厳しい部分はあった。金が難しいというレベルではなく、もっと下の方のレベルだった」と、自己分析した。

 緊急事態宣言解除に伴い、プール練習も解禁。「プールでなければできないことがたくさんあると改めて感じる。日常は当たり前であって、当たり前でない。強く感謝しないといけない」と、泳げるようになった今の環境をかみしめた。

 7月23日には2度目の「五輪まであと1年」の節目を迎える。

 「そこからの1年が五輪を左右する。まだ1年もあるから頑張ろう、と思えるメンタリティーでいる。1日1日を大切に頑張りたい」と明るい表情を見せた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請