永瀬拓矢2冠、藤井聡太七段に連敗「力負け。追いつけるよう勉強したい」

藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第61期王位戦挑戦者決定戦で永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=に先手の127手で勝ち、木村一基王位(47)への挑戦権を獲得した。棋聖戦でも渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑戦中(1勝0敗)で同時進行で2つのタイトルを狙うことになる。昨年度、史上最年長で初タイトルを獲得した木村王位に史上最年少棋士が挑む7番勝負は7月1日に開幕する。

 永瀬は秒読みの残り17秒でマスクを着用し、投了を告げた。棋聖戦挑戦者決定戦に続き、研究仲間の藤井にまたもタイトル挑戦権を奪われ、2冠の意地は見せられなかった。

 昼食休憩前に1時間以上も時間を消費したが、休憩明けは自然な差し回しを展開。持ち時間的にも優位に立ち、流れを引き寄せたかに見えたが、終盤に攻めが止まると一転、藤井の的確な寄せに防戦一方。終局時は残り時間も逆転された。「普段から指していて実力は当然知っている。こちらの力負け。追いつけるよう勉強したい」とたたえた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請