【掛布論】ボーア、「間」をとる落合流スローボール練習を…日本投手のリズムに合っていない

1回2死、左飛に倒れたボーア 
1回2死、左飛に倒れたボーア 

◆JERAセ・リ-グ ヤクルト1―4阪神(23日・神宮)

 阪神はとにかく開幕からの連敗を3で止めたことが大きい。西勇とともに今季の先発の柱となる青柳が好投し、岩崎、スアレス、藤川の勝ちパターンの継投で逃げ切れたことに価値がある。打線の方もこれで、1番・近本、3番・糸井、4番・マルテの3人は固定して戦える形が見えた。

 ボーアに関しては開幕3戦目から4番を外した以上、このまま6番で調子が上がるのを待つしかない。対左投手もそうだが、日本の投手のリズムにタイミングが合っていない面がある。

 外国人投手は「1、2」の単調な速いリズムで投げる投手が多いが、日本の投手はタイミングをずらすため、足をゆっくり上げて止めたり、2段モーション気味に投げてくる投手が少なくない。それに対応するにはボーアも「1、2」でなく「1、2、3」のタイミングで打たないといけない。さらに「1、2の3」、「1、2の~3」としっかり「間」が取れるようになれば最高だ。

 その打撃の「間」をつくるためには、落合博満氏がやっていたように、打撃練習でスローボールを打ち返すのが効果的。ボーアが結果で4番を奪い返すまでになれば、優勝を狙う態勢が整う。(阪神レジェンド・テラー、スポーツ報知評論家)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請