元楽天の枡田慎太郎氏、仙台一コーチ初日「星野監督のような指導者になりたい」

選手の打撃を見守る仙台一・枡田コーチ
選手の打撃を見守る仙台一・枡田コーチ

 元楽天の内野手で、18年シーズン限りで現役を引退した枡田慎太郎氏(32)が23日、宮城・仙台一高のコーチとして仙台市内の同校グラウンドで初指導。「星野監督のような愛のある怖さを持った指導者になりたい」と、13年に楽天を初の日本一に導いた亡き恩師・星野仙一元監督を理想に掲げ、1950年夏を最後に遠ざかっている聖地を目指す。

 黒色のジャージー姿でグラウンドに現れた枡田コーチ。ナインの前で「1日を無駄にせずに過ごしていこう」とあいさつし練習が始まった。“闘将イズム”が早速垣間見えた。打撃練習中に足元に転がっていたボールを蹴っている選手が目に入ると練習を一時ストップ。選手たちを集め「ボールを蹴るのはやめた方がいい。プロ野球選手でもそんなことをする人はいない」。野球人として「根本」の大切さを説いた。選手は皆、真剣な表情だった。

 枡田氏は昨年12月に「学生野球資格回復」研修を受講後、仙台一OB会(広瀬会)から正式オファーを受けた。千葉厚監督(41)は「文武両道で学業も部活も求めるのであれば、一流に触れることが大事だと考えた。子供たちにとっては大きい」とコーチ打診の意図を明かした。

 現役時代は勝負強い打撃を生かし、主に左の代打として活躍。13年には8本塁打、47打点をマークし、日本一に貢献した。宮城の高校野球は近年、仙台育英や東北をはじめ私学優位の状況が続く。熱血コーチは「今は初心者マーク」と笑ったが「やるからには勝ちたい。夢はでっかく甲子園」と力を込めた。(長井 毅)

 ◆枡田 慎太郎(ますだ・しんたろう)1987年7月8日、京都生まれ。32歳。智弁学園高(奈良)から2005年の高校生ドラフト4巡目で楽天入団。主に左の代打として活躍し、プロ13年で通算412試合に出場。2割4分6厘、25本塁打、147打点。178センチ、90キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請