女子プロ野球も3か月遅れ開幕 京都・川口監督「ホッとしている」

勝利した京都フローラの選手たちはマスク姿で喜んだ
勝利した京都フローラの選手たちはマスク姿で喜んだ

 日本女子プロ野球が23日、わかさスタジアム京都で開幕し、京都が埼玉に6―5で勝利した。無観客で当初予定の3か月遅れで開幕。京都の川口知哉監督(40)は、「開幕できてホッとしている」と笑顔を見せた。

 慢性的な経営赤字で昨季終盤には“美しすぎる女子野球選手”と話題になった加藤優(25)ら、所属71選手の半数以上にあたる36人が退団。11年目の今季は1チーム14人の3チームで拠点を京都に集約し、規模を大幅に縮小した。ルールも大きく改正され、一度ベンチに下がった選手でも試合に再出場できる「リエントリー制度」を導入。投手への代打後に再び同じ投手を登板させた埼玉の新原千恵監督(34)は、「選手の長所を生かせる」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請