手越会見全文(3)「ジャニーズ事務所から『弁護士をつけてほしい』」「世界への思いが強い」

会見する手越祐也
会見する手越祐也

 19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)が23日、都内で会見した。手越は冒頭30分以上にわたり、思いの丈を語った。

 「僕自身どういう形で退所に向けて話し合っていけばいいのかなって思った時にジャニーズ事務所の方から『弁護士をつけてほしい』と言われ、僕も急きょ弁護士もつけた。僕自身はジャニーズ事務所やNEWSや今までお世話になった方々ともめたくないので、弁護士同士をつけてしっかりつけて手越雄也個人として今後どうするかと話し合った方がいいんじゃないかとなった。そこからは第三者への口外は禁止ということで、ジャニーズ事務所のスタッフの方、メンバーとは一切連絡とは取れませんでした。その中で双方の弁護士がやりとりをして、色んな決めなくちゃいけない事項をやり取りして、19日をもっってジャニーズ事務所の関係を円満退所という形になったというのがここまでの真実であり、色んな週刊誌の報道だったり退所が1月までとか報道があったけど、そんなん全部違うし。会見もそこから用意したので、皆様もばたつく感じになったのは許してもらいたい」

 「今後の活動についてはざっくりとしか決まっていないので、事前から準備できていない。まずは今まで応援して下さったファンの子、NEWSを応援して下さったファンの子に対して自分の真実を伝えたいということで急きょ今回の会見を初の公の場に選ばせて頂きました。僕としてはジャニーさんが僕のNEWSに選んで下さった『YOUの歌は最高だよ。ジャニーズは歌が歌えないというイメージを変えて欲しい』と言われてNEWSに入った。僕の中にはジャニーチルドレンと思っているので、ジャニーさんのエンタメへの妥協を許さないことだったり、日本のNO1ジャニーズを世界に持っていきたいという信念を理解しているつもりなので、こだわりをもってやってきた歌というものに関しては主軸として続けていきます。僕自身こんな感じで歌っていきたいというプランはあるんですけど、発表しちゃうとSNSがパニックになっちゃうので、しっかりとした場所が準備されてから発表したいと思います。僕は『イッテQ』やサッカー番組など地上波の番組は許されるなら協力しますし、オファーがあれば、全力で頑張りますし、協力しますし、ファンに向けて人生を救ってあげるような、背中を押してあげられるようなパフォーマンスをする信念を今後一切変える予定もない。歌って踊る、ステージに立つことが心から好き。東京ドームやラグビー場、味の素スタジアムだったり、ファンの子がくれた歓声は忘れられない。昨日やおとといの夜もNEWSのライブDVD見てた。応援していた子をきっと僕は裏切った風になっているし、NEWSが6人から4人になった時、僕自身減らないと思っていたし、他のメンバーに申し訳ないと思っているし。こうやって一回悲しい思いをさせちゃったからこそ、この先も応援していて良かったと思わせるパフォーマンスをすること。自信を持ってプロ意識を持ってやっていきたいので、応援してほしいと思います」

 「ワイドショーで取り上げられていましたが、ツイッター、あれは僕です。ジャニーズの退所が発表された後に開設して、いち早くファンの子にちゃんと僕の経緯と気持ちが伝えられる場を設けたことを報告したかった。ツイッターのアカウントを携帯に入れたのも始めた。ツイートの仕方も教えてもらった。それ以外に『インスタグラムにTikTok、本物?』と言われますが、まだ何も開設しておりません。インスタグラムが有名だと思いますが、今後追って開設致します。そこで自分がSNS解禁されていなかったので、ファンクラブも絶賛作っている最中です。ホームページの内容ができ次第、ツイッターやインスタグラムでリリースさせていただきたいと思いますので、もう少し待っていてほしい」

 「僕の表現の一つとしてイッテQとかバラエティーが大好き。YouTubeもこのチャンネルで僕の素だったりチャレンジだったり、今後もやり続けて手越祐也を応援してくれる人とか、あいつってイッテQで見てたけど馬鹿なことしてるなって思えるような、みんながクスッと笑えるとか。イッテQのおかげで男性の方だったり、小さい子、お父さんお母さんに応援してもらった。イッテQに恩返ししたくてもしきれない。やるからには、No.1をとりたいので作っていきたい」

 「実業家というわけではないですが、周りの人脈で芸能界は多くないですが、実業家や日本のリーダーの方々と普段交流させて頂いて、将来のビジョンを聞いて日本を動かせる、世界と戦えるものは素晴らしいなと。僕はジャパニーズカルチャーが心から好き。そういうものを世界に持っていって戦う、一つ大きなチャレンジをしたい。第二の人生を歩んでいきたい大きな柱になった一つです。文化だったり、食だったり、世界に持っていったり、日本で広めていきたいという思いがあります。そしてボランティア。大手の事務所にいるとあそこに行きたい、こんなボランティアに賛同したから東日本大震災から2021年に10年たちますが、今の現状を伝えるには個人のメディアがないとなかなか広まるのは難しい。テレビやインターネットを否定するわけではないけど、本当に困っている人、つらい人、伝えなくちゃいけないことがあるのに、目の前の芸能人のスキャンダルだったり、そういうものが報道されがち。自粛期間中に色んなボランティアに触れてみて、日本人の5~6人に1人の子どもが満足にご飯が食べられない。ボランティアの方々もコロナウイルスで自分の店の売り上げが削られている時に無償で助ける人々の姿を見て、本来伝えるのが芸能人やメディアなど影響力がある人がやるべきと熱くそういう思いに賛同した。個人のメディアを持っていった中で本当に助けなくちゃいけない人がこんなにもいるんだよ、若い力で僕が先頭に立って引っ張っていくから、農業とか助けていこうよ、とリーダーシップをとって発信したい。

街をクリーンにとかもそうだし、自分がどんだけチャレンジをして、どんだけ年を重ねてもメディアになって伝えていきたい」

 「そしてやっぱり世界進出。世界への思いが強いのでツイッター、インスタグラム、Weibo活用しながら、中国だったり、その先には世界No.1のアメリカも攻めていきたい、チャレンジしていきたい。ここ1~2か月はアメリカに強い人とZoomの打ち合わせした。なので今後簡単ではないですが、人生一度きり。いつ死ぬか分からないからこそ、今死んでもいい今死んでもいい、満足できる人生を歩もうというのがモットー。応援して下さっているファンだったり、メディアの方々、たくさんの方々のご協力が必要となる。そういう方の知恵やパワーを借りながら一つでも野望を大きなチャレンジを続けたい、それが今回の手越祐也、退所となった次第です」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請