【巨人】開幕から4試合連続リリーフ失点ゼロ 鉄壁ブルペンに原監督「しっかり守っている」

2番手でマウンドに上がり、菊池涼介を打ち取った鍵谷陽平
2番手でマウンドに上がり、菊池涼介を打ち取った鍵谷陽平

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人3―2広島(23日・東京D)

 巨人の鉄壁ブルペン陣がまた好投した。

 3―2の7回2死一、二塁で先発戸郷に代わって2番手で鍵谷が登板。菊池涼を三ゴロに打ち取ってリードを守りガッツポーズをみせた。

 8回を中川、9回をデラロサが抑えて1点差で逃げ切り開幕4連勝とした。

 19日の開幕戦は菅野が7回2失点と好投した後、8回中川、9回デラロサが無失点。20日の2戦目は田口が5回1失点の後、6回沢村、7回をビエイラ2/3、高木1/3、8回鍵谷、9回藤岡とつないで無失点リレー。21日の第3戦はサンチェス6回途中1失点の後に高木、沢村、中川、宮国と無失点リレーで勝っていた。

 これで開幕から4試合のべ14投手がリリーフ登板して失点ゼロ。鉄壁のブルペン陣に原監督は「リリーフ陣もしっかり守っている、と言えるでしょう」とたたえた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請