藤井聡太七段、30歳年上の木村一基王位への挑戦「年は離れていますが盤上では全力でぶつかりたい」

永瀬拓矢2冠(左)との第61期王位戦挑戦者決定戦を終え感想戦を行う藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)
永瀬拓矢2冠(左)との第61期王位戦挑戦者決定戦を終え感想戦を行う藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)

 23日に東京・将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定戦で、永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=を127手で下して木村一基王位(47)への挑戦権を獲得した藤井聡太七段(17)が、終局後に記者会見を行った。

 ―王位戦を振り返って。

 「王位戦はこれまで2回、リーグに入ることができなかったので、リーグ入りを目標にしていた。リーグでは苦しい将棋もあったのですが、そんな中でも粘って指せたのが結果につながったのかなと思います」

 ―木村王位の印象は。きょうが47歳の誕生日で30歳差の対決に。

 「力強い受けに、非常に特長があると思います。昨年の王位戦は素晴らしい戦いでした。年齢に関係なく指せる楽しみが将棋のいいところ。年は離れていますが、盤上では全力でぶつかりたい」

 ―ステイホーム期間中は特別な勉強は。

 「特にやり方を変えたということはないですが、時間があったのでじっくり取り組めた」

 ―王位戦7番勝負について。

 「2日制の対局は初めて。慣れないこともあると思いますが、持ち時間8時間でじっくり考えて指せるのは楽しみ」

 ―渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑んでいる棋聖戦とのダブルタイトル挑戦になる。

 「対局が続くことになりますが、どの対局もしっかり臨みたい。睡眠をしっかり取りたい」

 -7番勝負第1局は、7月1、2日の両日に愛知県豊橋市で指される。

 「初めて訪れるところもあるので楽しみ。王位戦は毎年、第一局は愛知。地元なので格別な思いです。精いっぱい指したい」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請