藤井聡太七段、王位戦挑戦権も獲得 永瀬拓矢2冠を返り討ち 棋聖戦とダブルタイトル戦へ

王位戦挑戦者決定戦の開始前、お茶を飲む藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)
王位戦挑戦者決定戦の開始前、お茶を飲む藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)
王位戦挑戦者決定戦に臨む藤井聡太七段(右)と永瀬拓矢2冠(代表撮影・日本将棋連盟)
王位戦挑戦者決定戦に臨む藤井聡太七段(右)と永瀬拓矢2冠(代表撮影・日本将棋連盟)

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定戦で、後手の永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=を下し、木村一基王位(47)への挑戦権を獲得した。

 渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑んでいる棋聖戦に続くダブルタイトルチャレンジが実現。木村王位との7番勝負は、7月1、2日の両日に愛知県豊橋市で第1局が行われる。

 練習将棋で研究し合う仲の永瀬2冠とは、互いに紅白リーグを5戦全勝で制して、今月4日の棋聖戦挑戦者決定戦に続く2度目の対戦となった。昼食休憩前に1時間以上も時間を消費するなど深い考慮でリベンジを期した永瀬2冠だが、休憩明けの一手で藤井七段も約1時間半の大長考で指すなど、がっぷり四つの展開。藤井七段がハンカチで目を覆って頭を沈める場面も見られ、少ない持ち時間にも追い詰められたが、終盤に巻き返して、勢いに乗る17歳が“軍曹”を返り討ちにした。

王位戦挑戦者決定戦の開始前、お茶を飲む藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)
王位戦挑戦者決定戦に臨む藤井聡太七段(右)と永瀬拓矢2冠(代表撮影・日本将棋連盟)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請