【巨人】小林誠司が左腕骨折で登録抹消…原監督「少々時間がかかる」骨がつくまで3~4週間の見込み

21日の阪神戦で5回2死、死球を受けた小林誠司
21日の阪神戦で5回2死、死球を受けた小林誠司

 巨人の小林誠司捕手(31)が左尺骨を亀裂骨折したことが23日、わかった。代わって岸田行倫捕手(23)が1軍に合流した。

 小林は21日・阪神戦(東京D)の5回の打席で、左腕に死球を受けた。直後の6回も一度は守備に就き、投球練習で捕球をしたが、打者が打席に立つ前にベンチへと退いていた。

 原監督は「あれだけ(痛みに)強い男が『痛い』と言って、今日もそれが残っていたということで、レントゲンを撮ったら骨折していた。(復帰には)少々時間がかかる。亀裂らしいけど」と説明した。この日、登録を抹消された小林。骨がつくまでに3~4週間かかる見込みだ。

 

巨人

×