レッズのエース右腕・バウアーが選手会の協議結果にかみつく「私たちは崖から落ちるバスのようだ」

 米大リーグ選手会の、機構側の最終提案「60試合案」拒否を受けて、レッズの右腕エース、トレバー・バウアーが自らの思いをツイッターに投稿した。

 「この業界がこれまでどおりに(反目し合って)進むことは死を意味する。私たちは崖から落ちるバスのようだ。こんな結果は関係者にとって役立つのだろうか。コロナウイルス感染拡大でマイナスの要素ばかりの現状。それをますます悪化させる方向に進むとは、まったく信じられない」と機構側だけでなく、選手会をも皮肉った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請