【ロッテ】リモート応援システム球界初導入…ZOZOマリン右翼席スピーカーから「大歓声」

「Remote Cheerer powered by SoundUD」の画面イメージ(球団提供)
「Remote Cheerer powered by SoundUD」の画面イメージ(球団提供)

 ロッテは23日からの本拠地開幕6連戦(対オリックス)でヤマハ社が開発したスマートフォンなどを利用するリモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワードバイ サウンドユーディー)」を導入すると22日、発表。サッカー・J2磐田の紅白戦で取り入れられた例はあるが、球界で導入されるのは初となる。

 スマホなどの画面に「歓声」「拍手」「激励」「大歓声」の4つのボタンがあり、タップすると拍手や歓声がZOZOマリン右翼席のスピーカーから球場の選手へ届けられるシステム。球団が12日から発売している「リモート応援チケット」の特典として利用でき、試合開始30分前にメールで送られてくるサイトにアクセスすることで使用可能となる。

 同社クラウドビジネス推進部の瀬戸氏は「大きな第一歩をロッテファンの皆さまとともに踏み出せることを心から感謝申し上げます。ぜひ大歓声を皆さまの力でスタジアムに届けてください」とコメントした。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請