【ソフトバンク】プロ野球史上初の珍事 プロ初登板の津森宥紀が初対戦の井上にグランドスラムを献上

2番手でマウンドに上がった津森
2番手でマウンドに上がった津森

 ◆ソフトバンク―ロッテ(21日・福岡ペイペイD)

 ソフトバンクの津森宥紀投手(22)がデビュー戦で痛恨の一発を浴びた。二保の危険球退場でプロ初登板がスクランブルとなったドラフト3位ルーキー。2回無死満塁からマウンドに上がり、井上にフルカウントからの8球目、148キロ直球をバックスクリーン右に運ばれた。

 初登板の投手が初対戦の打者に満塁ホームランを打たれるのはプロ野球史上初。「急な登板でしたが、緊張せずマウンドに上がれました。ホームランを打たれたことは反省して、次に生かしたい」とサイド右腕。井上の本塁打後はしっかりと踏ん張り、3回0/3を3安打1失点だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請