脇本雄太が2度目のG1完全V…和歌山競輪「高松宮記念杯」

脇本雄太
脇本雄太

 競輪のG1「第71回高松宮記念杯競輪」決勝戦が21日、和歌山競輪場で準決勝を突破した9選手によって、第12レースで争われた。東京五輪の自転車トラック種目男子ケイリン代表の脇本雄太(31)=福井・94期=が力強く逃げ切り、今年の初戦を優勝で飾った。2着は和田健太郎。3着には松浦悠士が入った。

 脇本「先行逃げ切りでG1優勝することができてうれしい。オリンピックは来年に延期されたが、今年は日本の競輪でしっかり結果を出していきたい」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請