【巨人】小林誠司 左前腕付近に死球受けた影響で途中交代

4回1死二塁、小林誠司が死球
4回1死二塁、小林誠司が死球

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―阪神(21日・東京ドーム)

 巨人の小林誠司捕手(31)が、6回の守備で途中交代した。5回の打席で、左前腕付近に死球を受けた影響だと思われる。プロテクターをしていない箇所に直撃したが、一塁へと向かいプレーを続行した。

 その裏、守備に一度は就いて投球練習で捕球をしたが、打者が打席に立つ前にベンチ裏へと退いた。代わりに大城が捕手に就いた。

 小林は4回にも左肘付近に死球を受け、2打席連続死球を受けていた。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請