“トレンディーエース2世”小辻鷹仁にスカウト高評価…滋賀のドラフト候補に5球団集結

瀬田工・小辻鷹仁
瀬田工・小辻鷹仁

 今秋ドラフト候補で瀬田工(滋賀)の最速147キロ右腕・小辻鷹仁(たかと、3年)が20日、滋賀・皇子山で京都外大西との練習試合に先発した。先発で5回を投げ、単打1本、7奪三振無失点に抑え、視察した5球団のスカウトにアピールした。

 最速は143キロ止まりだったが「キレとコントロールが良かった」と納得顔。スリークオーター気味のフォームから、同じプロ志望の京都外大西・山下航汰捕手(3年)からも三振を奪った。巨人の渡辺スカウトは「球に力があり、スライダーのキレもある。腕が振れるし、もっと良くなる」と高く評価した。

 入学時は173センチ、65キロだったが、毎週末の食育合宿の結果、181センチ、82キロに成長した。瀬田工からプロ野球選手が生まれれば、元日本ハムの西崎幸広氏以来になる。「プロ一本」と目標を掲げる“トレンディーエース2世”に注目だ。(伊井 亮一)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請