堀内巨人は暗黒期じゃない 育った4人の「ホリウチ・ベイビーズ」…「令和の巨人軍」著者・中溝康隆さんインタビュー

堀内監督の下では内海、西村らその後の黄金期を支える選手が確かに育っていた
堀内監督の下では内海、西村らその後の黄金期を支える選手が確かに育っていた
自身を「現役巨人ファン」と話す中溝氏
自身を「現役巨人ファン」と話す中溝氏

 やっぱりプロ野球のある日常っていいなあ、と改めて実感するこの6月。現役巨人ファンのライター・中溝康隆さん(41)が新潮新書から刊行した「令和の巨人軍」(税別740円)は、「今」の巨人をさまざまな角度から論じた新しいジャイアンツ論だ。全206ページに込めた熱き思いを聞いた。(加藤 弘士)

 書店に行けば野球本はあふれているが、こと巨人に関してはONを中心としたV9時代、1980年代の黄金期、94年の「10・8決戦」などのノスタルジーものが主流である。「令和の巨人軍」は現在進行形の「今」にこだわったのだと、中溝さんは言う。

 「過去の栄光をめでるのではなく、アップデートされている今の巨人軍を楽しもうというのがコンセプトです。そこはブレずに書きました」

 デザイナーだった2010年、ファンの目線で巨人の戦いを独特の筆致で描くブログ「プロ野球死亡遊戯」を開設。現役選手がチェックするほどの人気を博した。ライターに転身後、野球関係の書籍はこれで11冊目になる。昨季も巨人戦は年間40試合、チケットを自腹で購入して観戦。著書の自己紹介欄でも自身を「現役巨人ファン」と称する。

 「野球も含めて、エンタメは全てオールドファンの“美しい過去”との闘いです。『過去とは美化されたウソである』とも言える。過去のものを超えるのは本当に難しい」

 でも―と続ける。

 「冷静に見れば、坂本選手の打撃成績は、巨人のショートではぶっちぎりに歴代トップです。去年引退した阿部2軍監督の打撃成績も、過去の正捕手とは比較にならない数字を残している。これらを『長嶋さんの現役時代はすごかった』という方と、同じくらいの価値で書き記さなきゃいけないと思っています。菅野投手の19年シーズンまでの通算防御率2・36は、斎藤、槙原、桑田の『3本柱』の誰よりもはるかに良い。令和の巨人軍にもすごい選手がたくさんいると提示していきたい」

 昭和―平成―令和という時の流れ。3つの時間軸を激しく行き来しながら、中溝さんは新たな巨人論を展開する。04年3位、05年は球団史上最多の80敗で26年ぶりの5位に終わった「堀内政権」への再評価は興味深い。

 「ミセリが球団史上最速で解雇された後に浅草観光をしたり、両耳にピアスをつけた清原さんが本塁打を打った後にハイタッチを拒否したりと、『暗黒期』と呼ばれています。でも僕は『転換期』だったと思う。あの2年間が、07年からの原巨人3連覇に向けた土台作りになったと考えるんです」

 15年という歳月が過ぎたからこそ、分かることがあるという。

 「堀内監督は05年、2年目の内海投手をローテで起用し続けた。4勝9敗、防御率5・04と褒められた成績じゃない。でも堀内監督が我慢して使い続けたからこそ、翌06年には12勝を挙げ、エースへの道を切り開いた。高卒で入団したばかりの西村投手が初勝利を挙げたのも05年です。当時の『月刊ジャイアンツ』には監督賞を贈り、故郷・広島への遠征の際に半休を与えて『ご両親のところに行って、この監督賞を渡してこい』と送り出したと書かれています」

 「暗黒期」の3文字では表せない、若き息吹を感じる日々でもあった。

 「大卒3年目の矢野選手が85試合に出場したのも05年。ルーキーの亀井選手が1軍デビューしたのもこの年です。僕は内海、西村両投手も含めて、この4人を『ホリウチ・ベイビーズ』と呼んでいます。いずれもその後の原巨人の黄金期を支えた男たちです。確かに『ローズ・小久保・ペタジーニ』の中軸にG党が感情移入するのは難しかった時期。でも、光はあった。プロ野球は短期的な視点だけじゃ語れないんです」

 巨人軍にとって勝利は何よりも大事。だが目先の勝敗を超えたところに宿る“何か”もある。

 「由伸監督も『4番・岡本』という最高のレガシーを残しました。かたくなに動かさなかった。ベンチでもポーカーフェースを貫いた由伸監督ですが、『4番・岡本』には激しい“感情”が見えました。藤村選手、大田選手、中井選手、橋本選手…G党は高卒野手のレギュラー定着を願いましたが、かなわなかった。由伸さんはその光景を選手として見ていたのではないでしょうか。だからこそ使い切った。そして後任の原監督も『4番・岡本』を決して動かさない。これも興味深い事象です」

 FA論に外国人選手論、東京ドーム論とさまざまな角度から、令和ジャイアンツについての考察が続く。

 「現役巨人ファンとして、真っ正面から『いつ何時、誰とでも闘う』というストロングスタイルの姿勢で描いたつもりです。時代が令和に替わった今だからこそ、見えてくるものがある。今の巨人軍を最高に楽しむための、手助けになる一冊になれればと思いますね」

 ◆中溝 康隆(なかみぞ・やすたか)1979年2月15日、埼玉県秩父市生まれ。41歳。大阪芸大映像学科卒。デザイナーとして活動しつつ、2010年10月からブログ「プロ野球死亡遊戯」を始め、軽快なタッチの文章とマニアックな知識で累計7000万PVを記録するなど話題に。主な著書に「プロ野球死亡遊戯」(文春文庫)、小説「ボス、俺を使ってくれないか?」(白泉社)、「原辰徳に憧れて―ビッグベイビーズのタツノリ30年愛」(白夜書房)などがある。

堀内監督の下では内海、西村らその後の黄金期を支える選手が確かに育っていた
自身を「現役巨人ファン」と話す中溝氏
すべての写真を見る 2枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請