池江璃花子と持田早智が“コロナ対策”ポーズで仲良し2ショット

持田早智のインスタグラム(@sachi.mochi0719)より
持田早智のインスタグラム(@sachi.mochi0719)より

 白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(19)と、リオ五輪代表の持田早智(20)=ともにルネサンス=が、持田のインスタグラム(sachi.mochi0719)で仲良し2ショットを披露した。2人は水着姿でプールサイドに立ち、お互い口元には手を添えた上での笑顔。持田は「近くで写真撮るからって感染予防しよってことでこのポーズになった笑」と、“コロナ対策”であることをコメントで明かしている。

 池江は、持田も師事してきた西崎勇氏(40)をヘッドコーチとしたグループ指導体制のもと、水中練習や筋力トレーニングを行っている。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言解除後から本格的なプールでの練習もスタートさせ、4泳法もこなせるまでに回復し、SNSでも元気な姿を見せている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請