今週も来週も楽しみ(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は土曜ですが、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、昨夜のこと。プロ野球の開幕戦を見ながら、翌日の仕事の仕込みなどを行おうとパソコンを触っていたんです。で、菅野選手が西選手に勝ち越しタイムリーを打たれた5回あたりでしょうか。パソコンの画面上にあったカーソル(色々なモノを選択する矢印みたいなマーク)が全く動かなくなり、やがて消えたのです。カーソルがなければ、何も選択できないし、そもそも何の作業もできない。何回か再起動してもカーソルは出現せず、パソコンはどうしようもない状態…。内勤の方に助けをあおぐと、「マウスを付けてほしい」と言われましたが、そもそもマウスを使うことがほとんどない人間でして、恐らく会社に置きっぱなしにしている状態。車を飛ばし、家電量販店へ向かったのです。

 しかし、まだ街にはコロナ禍の影響が残っています。通常は空いているはずの大型店が2店、8時過ぎにはもう閉まっているんです。巡り巡って3件目で空いていたお店でマウスを購入。帰宅後に接続してからは、詳しいことはよく分かりませんが、内部の方の指示通りにコンピューターを調整していって、何とかカーソル君は復活。正直、今日の仕事は代替機で一から行うことも覚悟していただけに、ホントにホッとしたこと、この上ない。ということで、昨日の当ブログが更新されたのも日をまたいだ深夜一時あたりということになったのです。ホントによかった…。

 ということとで、パソコンが固まらんうちに、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日の阪神5Rはなかなかの一戦。以前から紹介している須貝厩舎の【サトノアイ(牝、父ハーツクライ、母キャッチザカクテル)】は相変わらず好気配だし、松永昌厩舎の【メイショウゴウホウ(牡、父リオンディーズ、母アンスタンフィール)】は先週新馬勝ちしたフラーズダルムに先着していた存在。谷厩舎の【トーホウスザク(牡、父トーホウジャッカル、母トーホウドルチェ)】、武英厩舎の【エルシノア(牡、父リオンディーズ、母カナスヌーマ)】は騎乗する松若J、富田Jが好感触を持っているようでしたよ。詳しくは明日の紙面に載っております。

 POG的な要注目馬といえば、やはり西村厩舎の2億円ホース、【ブレイブライオン(牡、父ディープインパクト、母フラーテイシャスミス)】でしょうかね。ここ2週、調教に騎乗している福永Jは「メリハリの利いた動きをしている。乗りやすい。ベストとは体形が違う」と兄ベストウォーリアと比較しつつ、こう分析します。担当の菊本助手は「ストライドが大きくて、乗っていて気持ちのいい馬」と。マイルからの始動になりますが、距離はもっとあっても、と話していましたよ。同じ父を持ち、清水久調教師が「小さな馬だけど、しっかりした動きをする」と期待する【シュヴァリエローズ(牡、父ディープインパクト、母ヴィアンローズ)】が強力なライバルでしょうね。この馬、動きがいい。

 ここからはPOG情報。来週の宝塚記念デーに行われる芝1800メートルの新馬は、今年もいいメンバーが集まりそうです。春先から藤岡調教師の高い期待をお伝えしている【テンバガー(牡、父モーリス、母トップセラー)】はルメールJで出走予定。ここでも触れている北村友Jが騎乗する安田隆厩舎の【ダノンザキッド(牡、父ジャスタウェイ、母エピックラヴ)】や武豊Jが騎乗する松永幹厩舎の【マッチレスギフト(牝、父Frankel、母Minorette)】もいるし、須貝厩舎で福永Jが騎乗する【アレクサンドロス(牡、父ハーツクライ、母オールザウェイベイビー)】は早くから、このレースを目標にしてきましたからね。

 池添学厩舎からはレーンJ騎乗の【パタゴニア(牝、父キズナ、母ライフフォーセール)】が参戦します。こちらは2歳女王、ダノンファンタジーの下になりますね。今週はCWコースでの追い切りを消化したんですが、「思ったより、時計が遅くなってしまったので、少し体が立派に映りますね」と池添学調教師は現状を分析。明日21日、あとは来週の追い切りで、どう態勢を整えていくか注目したいところです。

 さらに杉山晴厩舎からはMデムーロJ騎乗で【イクスプロージョン(牡、父オルフェーヴル、母ファシネイション)】が参戦します。「動きが目立ってないけど、コースより坂路の方が動くのかも。まだモサモサしているけど、今週の(MデムーロJが騎乗した)追い切りでどれだけ変わってくるかですね」と杉山晴調教師が分析していました。

 杉山晴厩舎は来週の阪神芝1400メートルに松若Jで【ルクク(牡、父ハービンジャー、母タイキシャイン)】がスタンバイしています。「まずは、この距離を使ってから、(距離を)詰めるのか延ばすのか、考えたいですね。小柄な馬ですが、気性は素直で前向きですよ」ととレーナーは説明します。さらに、その翌週の牝馬限定、阪神芝マイルでは福永Jで【フォティノース(牝、父ドゥラメンテ、母スキア)】がスタンバイ。こちらは現オープン、ヴァンドギャルドの下ですね。「今週は坂路で55~56秒ぐらいという指示で、まだ様子を見ながらという感じです。まだ、成長は欲しいですが、カイバを食べる馬ですし、能力の高さは感じさせます」と期待しているようでした。

 実は他の厩舎の2歳馬情報もあるんですが、本日は結構書いたので、明日か明後日にショートバージョンをお伝えしたいと思っています。少々、お待ちくださいませ。では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京5R・11スーパーホープ(先週の坂路、今週のコースと攻め馬駆けする馬相手の併せ馬。動きは水準以上で、態勢は整っている)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神6R・3ペイシャノリッジ(松若Jが「昇級でも」と手応え。確かに前走内容は優秀だった)

阪神8R・11ジュンサロベツ(2走前は致命的な不利、前走は距離&連闘と敗因は明らか。「ポン駆けは利くし、出来もいい」と友道調教師)

函館11R・10ジョーマンデリン(ここは前に行く馬が少なく、先行利が大きい。自在性生かす)

東京11R・9メイショウベンガル(相手は強いが、底を見せていないダート適性、使ってきた強みにかける)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請