【DeNA】伊藤光の今季初安打が適時打で先取点「何とかランナーをかえそうと」

4回2死一、二塁、右前に先制適時打を放つ伊藤光
4回2死一、二塁、右前に先制適時打を放つ伊藤光

 ◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA―広島(20日・横浜)

 DeNAの伊藤光捕手(31)が、4回に先取点となる右前適時打を放った。

 両軍無得点の4回2死一、二塁。「7番・捕手」で先発した伊藤光は、「King Gnu」の人気曲「白日」に合わせて打席に入ると、カウント2―2から、広島の先発左腕・床田の146キロ直球をうまく逆方向にはじき返した。今季5打席目で出た初安打は、先取点をたたき出す右前適時打。貴重な一打に「(先発の)ピープルズが頑張っていましたし、恵太(佐野)、宮崎さんがつないで作ってくれたチャンスだったので、何とかランナーをかえそうと思い切っていきました」と笑顔で話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請