【オリックス】“A・ロッド”ことロドリゲス、公式戦来日初安打「うれしく思う」

初回、左前へ公式戦来日初安打を放ったアデルリン・ロドリゲス
初回、左前へ公式戦来日初安打を放ったアデルリン・ロドリゲス

◆オリックス―楽天(20日・京セラドーム大阪)

 オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が初回、公式戦では来日初安打となる左前打を放った。

 「2番・DH」で先発出場。1回1死の第1打席で、松井の変化球を力強くはじき返した。前日は3打数無安打。開幕2戦目で初めて「Hランプ」をともし、その後に中川の適時打で生還して公式戦初得点も記録した。

 ロドリゲスは「打ったのはチェンジアップ。来日初安打を打つことができて、本当にうれしく思う。そのヒットが得点につながってくれて良かったよ」とコメント。今季から新加入したオリックスの“A・ロッド”が、まずはあいさつ替わりの一打でファンにアピールした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請