【DeNA】新外国人オースティンが2戦連続でスタメン外れる…初先発ピープルズは9番「(打撃が)期待できないので」

19日の開幕戦の8回に代打で登場、三塁ゴロに倒れたオースティン
19日の開幕戦の8回に代打で登場、三塁ゴロに倒れたオースティン

◆JERAセ・リーグ DeNA―広島(20日・横浜)

 DeNAの新外国人、タイラー・オースティン内野手(28)が、1―5で敗れた開幕戦に続いて20日の広島戦(横浜)のスタメンも外れることが、明らかになった。右肘の張りの影響で状態が万全ではなく、ラミラス監督は「きょうもスタメンではなく、代打での起用になると思う。状態はよくなっているけど、念のため。毎日状態を見て決めることになる」と説明した。

 メジャー通算4年で33発の実績を買われ、ブルワーズから今季入団したオースティン。6月の練習試合では本拠地・ハマスタで場外弾を放つなど、圧巻のパワーを見せつけた。「3番・右翼」での開幕スタメンが内定していたが、右肘の状態が上がらずにベンチスタート。19日の開幕戦では1点を追う8回1死三塁で代打で出場し、強烈な当たりをはじき返したが、三塁手・三好に好捕されて好機を逃した。

 開幕戦では打線のつながりを重視して8番に「投手・今永」を起用したが、この日は初先発のピープルズを9番で起用する見込み。米国では打席に立っていなかったことから指揮官は「バントのシチュエーションがあって、決めてくれれば十分。そこ(打撃)で期待できないので9番にする」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請