【楽天】楽天生命パークで100人ソーシャルディスタンス応援 得点場面で拍手沸き起こる

ライブビューイングでオリックス戦の戦況を見守るファンたち
ライブビューイングでオリックス戦の戦況を見守るファンたち

◆パ・リ-グ オリックス1―9楽天(19日・京セラドーム大阪)

 3か月遅れの開幕戦に臨んだ楽天が、オリックスに9―1で大勝。2年ぶりに開幕戦で勝利した。本拠地・楽天生命パーク内で行われたライブビューイング(LV)には地元ファンが集まり声援を送った。

 小雨が降る杜(もり)の都から、大阪で闘うナインにパワーを送り続けた。楽天生命パークの左中間スタンド後方にある「スマイルグリコパーク」では約100人の観衆が開幕戦を見守った。無観客試合での開幕となり、球団はファンのために昨年のクライマックスシリーズ以来となるLVを開幕3連戦で企画した。

 コロナ対策も徹底された。入場口には検温機材を設置し、両手の消毒も促した。家族以外のファンは「ソーシャルディスタンス」として一定の距離を保つように席割りがされた。

 2回1死三塁、太田の浅い右飛で三塁走者ロメロが生還。先取点をもぎ取ったシーンでは会場から大きな拍手がどっと沸き起こった。仙台市内から来た30代の女性ファンは「やっと野球が見られて感動しました。1回表が始まった時は泣きそうになった」と感慨深そうに語ったが、「ハイタッチがないのが切ない」と普段とは違う応援スタイルに戸惑いもあったようだった。(長井 毅)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請