【巨人】原監督「ジャイアンツの重みを感じています」史上初の通算6000勝

開幕戦で阪神に勝利、6000勝を達成した巨人ナイン
開幕戦で阪神に勝利、6000勝を達成した巨人ナイン

◆JERAセ・リ-グ 巨人3―2阪神(19日・東京ドーム)

 巨人がプロ野球史上初の通算6000勝を達成した。1―2の7回1死二塁、吉川尚が右越えに逆転2ラン。8回を中川、9回をデラロサが無失点で締めた。原監督は「初戦に勝ったのは非常に大きい。86年目を迎えるジャイアンツで、色々な先輩がつないで、我々が(6000勝を)刻めて光栄。6000勝という数字に、ジャイアンツの重みを感じています」と振り返った。

 巨人先発・菅野は3回、阪神先発・西勇に左翼ポール直撃の先制本塁打を喫した。4回2死二、三塁から中島の遊撃内野安打で1―1に追いついたが、5回1死二塁から再び西勇に適時二塁打を許した。しかし7回、阪神2番手の岩崎を攻略して逆転に成功した。

 菅野は150キロ超の直球に加え、キレのある変化球で7回を6安打2失点8奪三振と粘投。自身6度目の開幕投手で、別所毅彦(51、53、55、56年)、斎藤雅樹(93~96年)に続く球団タイの4勝目を挙げた。

 「2番・遊撃」でスタメン出場した坂本は7回に左前打を放ち、2000安打まであと115本に。新型コロナウイルス感染から復帰して開幕に間に合わせ、守備でも軽快な動きを見せた。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請