ヤクルトと中日の両監督による「開幕宣言」…高津監督「いよいよ今日、プロ野球は開幕します」 与田監督「今こそ野球の存在価値を示すとき」

神宮球場の開幕セレモニーであいさつする中日・与田監督(左)とヤクルト・高津監督
神宮球場の開幕セレモニーであいさつする中日・与田監督(左)とヤクルト・高津監督

◆ヤクルト―中日(19日・神宮)

 ヤクルト・高津臣吾監督(51)と中日・与田剛監督(54)が試合前のセレモニーで「開幕宣言」を行った。マウンドの前に用意されたマイクに向かいまずは高津監督が文字を読み上げ、その後、与田監督が続きの文章を読み上げた。

「開幕宣言」全文

 高津監督「はじめに、新型コロナウイルスに罹患された方々に心からお見舞い申し上げます。全国の医療従事者の皆さん、危機対応にあたる行政の皆さんに心より感謝申し上げます。また、開幕を信じ、待ち続けて下さっていた全国のプロ野球ファンのみなさん、いよいよ今日プロ野球は開幕します。今シーズンも数か月前まで私たちはいつも通り開幕に向けて調整を行ってまいりました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大という前代未聞の事態に開幕日の度重なる延期、全体練習もできない日々が続き、プロ野球どころではない不安な日々を過ごしてきました」

 与田監督「しかしプロ野球界として何ができるか、何をすべきかを考え、開幕できる日が必ずくることを信じ、今日やっとこの日を迎えることができました。まだ球場で直接プレーをお見せすることはできませんが、選手のプレーを楽しみに待ってくださっている、多くのファンの思いは選手たちに確実に届いています。今こそ野球の存在価値を示すときだと思っています。みんなで一緒にこのときを乗り越えましょう。その先には明るい未来がまっています。医療従事者のみなさまや、最前線で新型コロナウイルスの対応されている皆様、大変な思いをしている皆様、ともに頑張りましょう。(高津)頑張りましょう」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請