元日本王者・大森将平、次戦は新鋭・西田凌佑との左対決 8・12大阪

京都市内のジムで調整した大森将平
京都市内のジムで調整した大森将平

 世界挑戦経験がある元日本バンタム級(53・5キロ以下)王者の大森将平(27)=ウォズ=が8月12日、大阪・豊中市立ローズ文化ホールで同じアマ出身の西田凌佑(23)=六島=とスーパーバンタム級(55・3キロ以下)8回戦で対戦することが18日、分かった。共にサウスポー。現在タイトル戦2連敗中で世界戦線への再浮上を見すえる大森が、プロデビューから2連勝中の新鋭・西田を迎え撃つ。通算成績は大森が21勝(16KO)3敗、西田が2勝(1KO)。

 大森は17年4月の世界初挑戦では、体重超過によってWBOバンタム級王座を剥奪されたマーロン・タパレス(フィリピン)に11回TKO負け。再起後は2連続KO勝ちしたが、昨年8月に東洋太平洋スーパーバンタム級王者・勅使河原弘晶(輪島功一S)に挑んで12回TKO負け。1月の再起戦でフィリピン人選手に5回TKO勝ちし、4月には次戦が内定していたが新型コロナウイルスの影響で中止に。7か月ぶりとなる試合が今回の西田戦だ。

 この日、京都市内の所属ジムで調整した大森は「久々の試合なので新人の時のように、気持ちをガンガン出していきたい。プロでのキャリア差を見せて中盤までに仕留めたい」とKO宣言。「世界王座は夢であり目標。まずは日本、東洋(太平洋)王座から取りたい」とスーパーバンタム級でチャンスをうかがう。ここ2戦は東京・後楽園ホールでの試合が続いたが、18年12月以来3戦ぶりに地元関西のリングを沸かせる。

 対戦相手の西田は、奈良・王寺工時代の14年国体少年フライ級優勝。近大を経て19年10月、6回戦でプロデビューし、タイでタイ人選手に1回TKO勝ち。12月にフィリピン人選手に判定勝ちした。プロ3戦目で日本、東洋太平洋ランカーの大森に挑み、一気にランキング入りを狙う。

 試合はワイルドビートジム(豊中市)による興行のメインイベントとして行われ、新型コロナ対策のため観客席を半減して開催される予定だ。

 ◆大森将平(おおもり・しょうへい)1993年2月2日、仙台市生まれ。27歳。元プロボクサーの父・正喜さんの影響で南京都高(現・京都広学館高)から本格的にボクシングを始める。3年時の国体で少年バンタム級準優勝。2011年4月、ウォズジムからプロデビュー。12年、全日本バンタム級新人王。15年4月、日本同級王座を奪取し、1度防衛後返上。17年4月、世界初挑戦。身長171センチの左ボクサーファイター。元プロボクサーの兄・惇平さんがトレーナー。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請