【ソフトバンク】工藤監督「やられたらやり返す」…昨年8勝17敗リーグV逸原因のロッテとの開幕戦に気合

笑顔でインタビューに答える工藤監督(カメラ・豊田 秀一)
笑顔でインタビューに答える工藤監督(カメラ・豊田 秀一)

 3年ぶりのリーグ王座奪回へ、ソフトバンクの工藤公康監督(57)が18日、独走Vを宣言した。「4年連続日本一がかかっているシーズンだが、2年連続リーグ優勝を逃している。開幕スタートダッシュをして、ぶっちぎりで勝つぐらいのつもり」と、力を込めた。

 昨年8勝17敗と大きく負け越し、V逸の要因にもなったロッテとの開幕3連戦。「『やられたらやり返す』という強い気持ちを持って臨むことが大事。昨年と逆になるように、3連勝できるよう戦っていきたい」と、ロケットスタートにつなげる。

 ここまで対ロッテの実戦は5戦全勝だが油断はない。「(3月末の練習試合は)井上くんもいなかった」。昨年は打率4割3厘、8本塁打と“カモ”にされた井上に加え、レアードにも8本塁打を許した。2人を沈黙させることが勝利への近道。詳細は伏せたが、対策は練ってきた。エース・千賀に加え、デスパイネ、グラシアルの主軸も不在で開幕を迎えるが、層の厚い戦力でカバーする。「リーグ優勝しないといけないチーム」と、頂点を見据えた。(戸田 和彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請