坂上忍、秘書が有罪判決の河井案里氏へ二階俊博幹事長が「大物ではない」発言に疑問…「あんまりだと思います」

坂上忍
坂上忍

 17日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で、自民党の河井克行前法相(57)=衆院広島3区=の妻・案里氏(46)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区で、法定を超える報酬を車上運動員14人に支払ったとして公選法違反(買収)の罪に問われた案里氏の公設第2秘書・立道浩被告(54)の判決公判が16日、広島地裁であり、冨田敦史裁判長は懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡したことを報じた。

 懲役刑は連座制の適用対象のため、案里氏が失職する可能性が濃厚となった。また、番組では克行氏と案里氏は17日、自民党に離党届を提出したことを速報した。

 MCの坂上忍は今回の問題に「長引いている感がするのは説明聞いてないからでしょうね」と河井夫婦が会見を開き説明していないことに疑問を投げかけた。

 さらに番組では、今回の判決に自民党の二階俊博幹事長が記者会見で「党や政権に影響はないと言ったら、適当ではないかもしれないが、影響を及ぼすほどの大物議員でもなければ、そんなに大騒ぎするような立場の人の行動でもない。よく本人から説明を聞いて対応したい」と述べたことを紹介した。

 この発言に坂上は「僕もあんまりだと思います」と指摘した。さらに「大物、小物は僕には分からないですけど」とした上で克行氏について「法務大臣まで務めた方ですからここらへんの言い方はないだろう」と疑問を投げかけていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請