【高校野球】国士舘のエース中西が甲子園での「交流試合」で明石商との再戦を切望

夏に開催される甲子園高校野球交流試合や東西東京高校野球大会へ向けて練習を本格させる国士舘の昨秋都大会優勝投手、中西健登(左)
夏に開催される甲子園高校野球交流試合や東西東京高校野球大会へ向けて練習を本格させる国士舘の昨秋都大会優勝投手、中西健登(左)

 昨秋の東京都大会の覇者で、8月に甲子園で行われる「交流試合」に参加する国士舘が16日、東京・多摩市の国士舘大多摩キャンパス野球場で取材に応じた。186センチの長身右腕・中西健登投手(3年)は、昨春のセンバツ1回戦で1―7と完敗した明石商(兵庫)の名前を挙げ「リベンジしたい」と再戦を切望した。

 試合での登板はなかったものの「来田(涼斗)選手は迫力があって、見ただけですごかった」とベンチで強い印象を受けた。「自分の武器はコントロール。うまくシンカーを使って抑えたい」とイメージを膨らませた。

 最速133キロながら、シンカーとカットボールを低めに集めてゴロで打ち取るのが投球スタイル。東京都大会の決勝では、帝京を2安打で完封した。ところが明治神宮大会では、初戦で白樺学園(北海道)に3―4で敗退。7回途中で降板。悔しい敗戦となった。

 「普通にやっていては、全国では勝てない」。約2か月半に及ぶ部活動自粛期間も、高い意識を持って練習に取り組んだ。「カーブを使えるようになったことで、緩急をつけられると思う。スクワットなどで下半身を強化して、球が速くなった気がします」。まだ体に力はないものの、手足が長く、しなやかなフォームに豊かな将来性が感じ取れる。甲子園のマウンドで、どのような進境を示すか楽しみだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請