千葉県高野連が代替大会の開催を正式発表 8・2開幕でZOZOマリンは使わず

スポーツ報知
19年 八千代松陰を下し、甲子園出場を決め喜ぶ習志野ナイン

 千葉県高野連は16日、第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)とともに中止が決まった同千葉大会について、代替となる独自大会「2020 夏季千葉県高等学校野球大会」の開催を正式発表した。

 8月2日に開幕。県内8地区で地区大会を行った後、各地区の優勝校による決勝トーナメントを行う。ZOZOマリンは使用せず、8月18日に千葉県野球場で決勝戦を行う。

 組み合わせ抽選は7月19日までに地区ごとで決定する。決勝トーナメントの抽選は8月10日に県高野連理事が代理で行う。ベンチ入り人数は例年通り20人を上限とするが、3年生に試合参加の機会を増やすため1試合ごとの入れ替えは可能とする。無観客で開催し、ベンチ外部員の入場は認めるが、保護者については今後、検討していく。

 なお、県教育委は7月31日まで対外試合を禁止する方針を示しており、県立校はぶっつけ本番で大会に臨む可能性もある。県高野連・渡辺範夫会長(59)は「今後の学校の状況にもよりますが、連盟の方から県教委の方には、少しでも早くしてもらえないかという要望はするつもりでおります」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請