「れいわ新選組」山本太郎代表、「東京五輪中止」「全都民に10万円給付」公約掲げ都知事選出馬表明

会見で東京都知事選出馬を表明した山本太郎氏
会見で東京都知事選出馬を表明した山本太郎氏

 任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬が取りざたされていた「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)が15日、国会内で会見し立候補を表明した。「東京五輪中止」「全都民に10万円給付」など8つの政策を発表した。

 山本氏は会見場ではっきりと宣言した。「端的に言いますと、東京都知事選に立候補します」。動機については「コロナ災害によって、この国の多くの人々が生活困窮に陥る状況が確認されている。街でも多く見てきた」とし、まずは苦しむ都民を救うことを目指す。

 公約に8つの政策を示し、1番手には来夏の東京五輪・パラリンピック中止を掲げた。「やれるやれる詐欺ですよ。ワクチンいつできるんですか? 特効薬は? やめる宣言を開催都市が行うことだ。コストや人的資源を別のところに回せる」と熱く語った。

 2番手は新型コロナ関連で「総額15兆円で、あなたのコロナ損失を徹底的に底上げ」。20兆円の地方債を発行できるという。具体策として「まずは全都民に10万円を給付」、さらに第2波、3波に備え、「補償なき自粛」にならないよう、全事業者が簡単なウェブ申請で受け取れる「まずはサッサと100万円」を支給するとした。

 小池都知事についても「公約の『7つのゼロ』って、やれていないという意味のゼロ」と痛烈に批判した。「満員電車ゼロ」を引き合いに「一番のクラスターは満員電車でしょ」と皮肉った。

 一時は山本氏を野党統一候補に推す動きもあったが、破談になったという。都知事選は立憲民主、共産、社民の3野党が元日弁連会長宇都宮健児氏(73)への支援を決めており、野党支持層で票が分散しそうだ。山本氏は「私と宇都宮さんでは財政に関わる考え方が違う」とし、自身を「小池さんの票を削れる存在だと思っている」と自信をみせた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請