【巨人】中島宏之、絶好調“脱力打法” 練習試合再開9戦で4度目マルチ

7回1死、中前安打を放ち笑顔を見せる中島
7回1死、中前安打を放ち笑顔を見せる中島
巨人の開幕2カードの日程
巨人の開幕2カードの日程

◆練習試合 巨人2―4日本ハム(14日・東京ドーム)

 中島は内角低めの球に反応し、ヒットゾーンへと運んだ。7回の第3打席で、左腕・宮西から中前安打を放った。2回の第1打席では先発・マルティネスから中前安打。練習試合再開後4度目のマルチ安打だ。9試合で26打数9安打、打率3割4分6厘、3打点。開幕一塁が濃厚な背番号5が絶好調だ。

 好調の要因を「力を抜いて力むことなく、打席に入れています。それができている結果です」と明かした。オフに取り組んだ打撃フォームの修正に手応えを得ている。構えの時のグリップの位置を下げ、左足の上げ幅も小さくした。リラックスした構えから、素直にバットが出る“脱力打法”が、安打量産につながっている。

 原監督は「安定していますね。どういうピッチャーが来ても対応できるという感じがしますね」と信頼を置く。昨季は43試合の出場にとどまり、打率1割4分8厘と悔しさを味わった中島。プロ20年目の今季、「ユニホームを着てまたやれるチャンスをもらえたので、何とか貢献できるようにやりたい」と強い覚悟を持って挑む。(小林 圭太)

試合詳細
7回1死、中前安打を放ち笑顔を見せる中島
巨人の開幕2カードの日程
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請