【巨人】原辰徳監督、パーラ1番「試せて良かった」…一問一答

ベンチで声を出す原監督
ベンチで声を出す原監督
巨人の開幕2カードの日程
巨人の開幕2カードの日程

◆練習試合 巨人2―4日本ハム(14日・東京ドーム)

 巨人・原辰徳監督が新オプションをテストした。日本ハムとの練習試合(東京D)で、パーラを来日初の「1番」で起用。試合は敗れたものの、新助っ人は3回に先取点につながる二塁打を放ち期待に応えた。

  • ◆14日練習試合 巨人―日本ハムの先発オーダー
  • ◆14日練習試合 巨人―日本ハムの先発オーダー

 ◆原監督に聞く

 ―パーラが来日初の1番として出場。監督が1番打者に求めるものは。

 「球数を多く投げさせるというのは大事なことで、近代野球では迫力あるっていうのも必要になってくるし。そういう部分は(パーラは)持っている人だと思うけどね。ただ、まだ日本の野球に慣れている段階で、対戦する投手も初めての人ばかりになる。そこはもう少し落ち着いたところで打たせたいのはあるね」

 ―最近は1番、5番が日替わりになっている。

 「キャンプの頃から、1番、5番がとても重要だなというところはずっと言っているしね。今のところ、勇人、大城もいないというところでもあるので。いろいろな部分を試せたという点は良かったと思うけど」

 ―開幕のオーダーは頭の中にはできあがったか。

 「そこも(坂本、大城の現状が不透明)だから。いろんなバリエーションがあるということは言える。きちっとした形では今のところまだ言えない」

 ―陽岱鋼の欠場は、13日に受けた死球で大事をとって。

 「そうだね。大したことはないと思います。あさって(16日)に備えるというところです。彼も好調を維持しているからね」

パーラ1番「試せて良かった」

試合詳細
ベンチで声を出す原監督
巨人の開幕2カードの日程
◆14日練習試合 巨人―日本ハムの先発オーダー
すべての写真を見る 3枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請