【掛布論】阪神・ボーアは外角の見極めできていない

8回2死二塁、遊ゴロに倒れるジャスティン・ボーア(捕手は松井雅人=カメラ・義村 治子)
8回2死二塁、遊ゴロに倒れるジャスティン・ボーア(捕手は松井雅人=カメラ・義村 治子)

 阪神・ボーアは左投手に自信を失っている感じだ。8回の最終打席はフルカウントからの外角スライダーを遊ゴロ。三振を怖がり、当てにいくような弱いスイングだった。

 対左腕の気がかりは外の見極めができていないこと。ボールと思っているのか、手が出ないのか、外角のストライクを見逃す傾向が目立つ。そして、外に対する意識が強くなりすぎて、甘いコースも打ち損じている。

 活路を見出すには、狙うか捨てるか、はっきりすることだ。外一本に絞って踏み込む姿勢を見せれば、相手の配球も変わってくる。まずは振らないと、距離感もつかめない。もしくは、外の厳しい球は完全に捨てること。割り切って、失投を確実に捉える準備をしておけばいい。全ての球をうまく打とうとすると、悪循環に陥ってしまう。

 この試合は来日してから初めて3番での起用となった。開幕まで練習試合はあと1試合。対左の打席を増やす意図なら理解できるが、「4番」としての信頼感がなくなってのことなら心配だ。相手先発の右、左によって、ボーアだけでなく打順、メンバーを変えるのは、層の厚さがなせることとはいえ、リスクも伴う。

 例えば巨人との開幕3連戦。初戦で菅野を打ち崩しても、2、3戦目にメンバーを変えるのはどうか。猫の目打線では勢いがつきにくい。開幕してから5カード連続のビジター3連戦という異例の日程。例年よりも難しいスタートで、「打線の核」への迷いが生じるのは大きな懸念材料だ。(掛布雅之=阪神レジェンド・テラー、スポーツ報知評論家)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請