紀平梨花が新たに師事するオーサー氏…羽生結弦、フェルナンデス、キム・ヨナ、メドベージェワらを育てた

ブライアン・オーサー氏と羽生結弦
ブライアン・オーサー氏と羽生結弦

 フィギュアスケート女子で四大陸選手権連覇の紀平梨花(17)が男子で五輪連覇の羽生結弦(25)=ANA=を指導するカナダ人のブライアン・オーサー氏(58)に師事することが13日、分かった。7月に始まる北京五輪プレシーズンからで、メインコーチはこれまで通り浜田美栄氏が務める。新型コロナウイルスによる入国制限が解除され次第カナダに渡り、トロントのクリケットクラブで練習をスタートする。今後は日本とカナダを拠点とする。

 ブライアン・オーサー氏は、現役時代に男子シングルで1984年サラエボ五輪、88年カルガリー五輪で銀メダルを獲得。引退後、2006年からコーチとなり、男子の14年ソチ五輪、18年平昌五輪を連覇した羽生結弦(25)=ANA=、世界選手権で2度優勝したハビエル・フェルナンデス(29)=スペイン=、また女子では10年バンクーバー五輪金メダルの金妍兒(キム・ヨナ、29)=韓国=ら、男女の世界トップスケーターを育て上げてきた。

 選手はカナダ・トロントにある会員制「クリケットクラブ」で指導を受けており、現在は羽生のほか、女子で18年平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=らが在籍している。また、ジャンプコーチのジスラン・ブリアン氏、スケーティングコーチのトレーシー・ウィルソン氏といった各分野の専門家がそろい、“チーム”で選手をサポートしている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請