箱根駅伝王者の青学大が学内記録会で好タイム続出 原監督「コロナ禍に勝つ」

雨の中で5000メートルタイムトライアルを行う青学大の選手たち(先頭は竹石尚人)
雨の中で5000メートルタイムトライアルを行う青学大の選手たち(先頭は竹石尚人)

 今年の第96回箱根駅伝(1月2、3日)で2年ぶり5度目の優勝を果たした青学大が13日、神奈川・相模原市のキャンパス内競技場で5000メートル学内記録会を行い、13分56秒3でトップの吉田圭太(4年)、13分56秒6で2位の神林勇太主将(4年)をはじめ、上位19人が14分20秒以内で走破した。非公式記録ながら9選手が自己ベスト記録を事実上更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で自主練習期間が長く続き、練習の消化率は例年の7割程度ながら、箱根駅伝王者は着実に戦力を整えつつある。

 大学の運動部では選手寮を閉鎖したチームもある中で、青学大駅伝チームは地方への移動を抑制するという観点から寮生活を続行。この日は例年6月上旬に開催される日本学生個人選手権の代替レースとして5000メートルの学内記録会を実施した。

 スタート直後、主将の神林が先頭に立ち、積極的にチームを引っ張った。2000メートル過ぎには、あえて留年して5年目のシーズンにかける竹石尚人(4年)がトップに立ち、存在感を発揮した。ゴール直前でエースの吉田が神林を逆転し、トップでゴールに飛び込んだ。14分10秒以内に計7人、14分20秒以内に計19人が続々とゴールした。

 「2トップ(吉田、神林)はさすがだ。2人がしっかり走ると、チームが引き締まる」と原晋監督(53)はうなずいた。

 さらに指揮官がエースの吉田と主将の神林と同等に高く評価した選手が、非公認ながら自己ベスト記録を約22秒も縮める14分18秒4で走った保手浜涼介(2年)だ。広島の進学校、呉三津田高から指定校推薦で入学。高校時代の5000メートル自己ベストは15分4秒で1年余りで約46秒更新した。「保手浜は努力を続ければ、4年間で箱根駅伝のアンカーを走るチャンスがある。主力だけではなく全員が力をつけている。これが青山の強さです」と原監督は満足そうに話した。

 原監督は選手寮で共同生活を続けながら、感染者が出なかったことを「青学大駅伝寮の奇跡」と表現し、第2波に備えて検証作業に着手している。「競技、学問、生活。3つすべてを極めていきますよ。チーム全員で新型コロナウイルスに勝ちます」と宣言した。

 学内記録会終了後、神林主将は「例年と同じくらいのタイムは出ている。最強の青山を見せつけられるように頑張っていきましょう」とチームメートに呼びかけた。コロナ禍に負けず、青学大は力強く走り続けている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請