【鹿島】J2新潟に4本合計2―1で勝利 古巣相手にレオシルバ同点弾、荒木遼太郎が決勝点

古巣を相手に同点ゴールを決めたMFレオシルバ(クラブ提供)
古巣を相手に同点ゴールを決めたMFレオシルバ(クラブ提供)

 鹿島は13日、J2新潟と45分×2本、30分×2本の練習試合を行い、4本合計2―1で勝利した。

 鹿島は1本目に新潟DF堀米悠斗の直接FKで失点。ウェブ取材に応じたMFレオシルバが「3本目からやっとサッカーらしいサッカーができる状態になった」と振り返るなど、豪雨によるピッチコンディションに苦しみ、2本目までは無得点となった。

 雨上がりの3本目は、古巣との対戦となったレオシルバがドリブルで2人をはがしてゴール。4本目には東福岡高から加入した高卒1年目のMF荒木遼太郎がGKとの1対1を制して2点目を決めた。レオシルバは「(ザーゴ)監督が目指している考えがチームに浸透してきている。少しずつよくなっている」、荒木は「うまくみんなと連携を取りながら、試合の流れを見てプレーできた」と振り返った。

 試合は無観客で行われ、報道陣にも公開されなかった。試合会場は非公表。トレーニングマッチの実施は、3月28日のJ2栃木戦以来、約2か月半ぶりだった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請