東に目がいく(栗東)

 こんにちは。山本です。今日は梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、1か月ほど前のこと。記者仲間で、ワタクシ以上に独身生活を謳歌しているS社のSクンがLINEで美味しそうなお酒のアテの写真を送ってきたんです。それはお豆腐の上にお茶漬けの素がかかっているような商品。で、気になって、探してみたんです。ありました。それは相模屋さんという会社が出している「冷やしおぼろ奴」という商品で、鮭のだし茶漬け風冷やしおぼろ奴や、わさびのだし茶漬け風冷やしおぼろ奴など数種類ある。基本的にお豆腐大好きですので、この商品、個人的にかなりのヒット作なのです。

 イメージはお茶漬けのご飯の部分を豆腐にして、冷やしたような感じ。正直、冷やしラーメンとか冷やし担々麺など本来は温かいものの冷たいバージョンって苦手なタイプなんですが、これは酒の肴として素晴らしい。そうそう、何よりお手軽で安いですからね。ということで、これを発掘してきたS社のSクン、さすがです。「STAY HOME」で人一倍おとなしくしていた彼ですから、この夏は徐々にエンジンがかかってくるでしょうけどね。とりあえず、今回はサンキューです♪

 まっ、当ブログの読者でもある彼を持ち上げたところで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。まずは阪神5Rを取り上げる前に、明日は正直、他場の新馬に目がいってしまう。ミッキーアイルの半妹になる【テネラメンテ(牝、父ドゥラメンテ、母スターアイル)】が出走する函館も気になるけど、やはり明日は東京5Rでしょう。

 血統馬たちの中でも目がいくのが【レガトゥス(牡、父モーリス、母アドマイヤセプター)】ですね。こちらはエアグルーヴ、アドマイヤグルーヴの流れを引く母系で、叔父にはドゥラメンテがいます。この馬、調教のVTRを見たけど、非常に迫力のある走り。目を引きます。注目です。関西からは先週の更新でも触れました鈴木孝厩舎の【ハイエストポイント(牡、父シンボリクリスエス、母シェルエメール)】が出走。今年の日本ダービーに出走したコルテジアの全弟になります。「馬っぷりは、この時期のコルテジアよりひと回り大きい感じ」とのことで、動きも先週に話を聞いた後、CWコースでは上々の動きを披露。どれだけ食い込めるか、ですね。

 さて、阪神の5Rです。矢作厩舎の【ホウオウアマゾン(牡、父キングカメハメハ、母ヒカルアマランサス)】は追い切るたび、明らかに動きが良化していますし、藤岡厩舎の【グランデフィオーレ(牝、父ドゥラメンテ、母グランデアモーレ)】は先週、今週と上々の追い切りを披露してますね。現2歳世代の初陣が1週スライドとなった須貝厩舎から【マジカルステージ(牝、父モーリス、母オツウ)】が参戦します。お母さんのオツウは大器と評判になった時期もあったんですが、オープンまで出世したとはいえ、もっと大きなところを狙えたのではと思っている存在。その娘、マジカルステージは話を聞くたびに、感触が上がっていった印象ですね。「やるたびに、走りがしっかりしてきているからね。距離は延びてもよさそうだけど、まずはこの条件でどれだけ走れるか」とトレーナー。ゆかりの血統馬ですし、序盤の攻勢へ向けて、今週こそ弾みをつけたいところです。

 あとは松永昌厩舎から【フラーズダルム(牝、父キズナ、母クーデグレイス)】が出走しますね。お母さんはローズS3着や秋華賞で4着などがありました。「芝のマイルあたりが合いそう。順調にきているし、先週のCWコースでの動きが悪くなかった」と松永昌調教師は話します。ただ、このフラーズに今週、楽な感じで先着したのが「パワー型で、こちらも悪くないよ」と話していた【メイショウゴウホウ(牡、父リオンディーズ、母アンスタンフィール)】。来週の阪神芝マイルを幸Jで予定していて、こちらの走りも注目です。

 来週の阪神芝マイルといえば、目玉は何と言ってもセレクト2億円ホースで、西村厩舎の【ブレイブライオン(牡、父ディープインパクト、母フラーティシャスミス)】でしょうね。こちらは今週の坂路でも好時計を出していましたし、あとは血統的に芝適性というところに尽きるでしょう。21日の東京の芝マイルには明日のグランデフィオーレなど序盤から攻勢をかけてくる藤岡厩舎の【スーパーホープ(牡、父キズナ、母ケンホープ)】が参戦予定。いい動きを見せているようです。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京3R・5ホウオウセレシオン(初戦は厳しい展開の中での先行策。中間の乗り込みは意欲的でスムーズに運べれば)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神7R・8ウェーブガイア(前走に復調の兆し。ここは先行激化見込める)

東京10R・6シャチ(道悪必至となれば、強かった初勝利のパフォーマンスを見直す手)

東京11R・16アンドラステ(まだ底を見せていないし、前走は牝馬限定とはいえ好メンバー。重賞でも通用)

函館6R・14エタンセル(調教の動きから未勝利では上位。立て直した効果に期待)

函館9R・2メイショウオニテ(引き続き、ベストの平坦小回り6ハロン戦。先行策に出たい)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請