千葉雄大が二股オンラインデート!日本テレビ初リモートドラマ「ダブルブッキング」28日放送

SPドラマ「ダブルブッキング」に主演する千葉雄大と(左から)奈緒、佐津川愛美
SPドラマ「ダブルブッキング」に主演する千葉雄大と(左から)奈緒、佐津川愛美

 俳優の千葉雄大(31)が、28日放送の日本テレビ系SPドラマ「ダブルブッキング」(後1時15分、関東ローカル)に主演する。このほどスポーツ報知などのリモート取材に応じ、意気込みを語った。

 演じるのは二股をかけ、同じ日、同じ時刻に恋人2人とのオンラインデートをダブルブッキングしてしまう男・雄二。OLの彩(佐津川愛美)、女子大生のマヤ(奈緒)と別々にパソコンでつながり、それぞれの画面を行き来。SNSやネット検索を駆使し、何とか乗り切ろうとする―。

 元コントグループ「WAGE」の森ハヤシ(42)が脚本を担当。コメディータッチで進むが、ラスト3分に大どんでん返しが待つ。

 千葉はNHK総合「いいね!光源氏くん」の光源氏役が話題になったが、今回は一転してクズ男役。「オンラインはタイムラグがあったり、通常の会話だったらスルーされることも違った受け取り方になる。『オンラインならでは』のハプニングが反映されて、そこが面白い。前半と後半で世界観が変わるのも見てほしい」。日本テレビでリモートドラマが制作されるのは初めて。約3か月ぶりの撮影現場となり「こういった形の芝居は初めて。チャレンジングだと思う。普段声に出して台本を読まないけど、メチャクチャ(声に)出して読んで準備した。いきなりフルスロットルな作品なので頑張って全うしたい」と意気込んだ。

 コロナ禍の撮影マニュアルも配布された。「私語厳禁なんです。寂しいなと思いつつも、ジェスチャーでコミュニケーションは取れるから」。最善の注意を払い、現場に立てる喜びをかみ締める。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請