コロナ影響か 槇原敬之被告の17日初公判が延期に

スポーツ報知
初公判が延期された槇原敬之被告

 違法薬物を所持したとして、覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(同)の罪に問われたシンガー・ソングライター槇原敬之(本名・範之)被告(51)の17日の初公判が延期されたことが12日、分かった。当初は17日に開かれる予定だったが、関係者は否定。「次回の期日も未定です」と話した。新型コロナによる影響とみられ、傍聴券の配布方法も決まっていない。

 槇原被告は2月に逮捕され、3月に保釈保証金500万円を納付して保釈。起訴状によると、仕事場などとして使っていた東京・港区のマンションで18年3~4月、危険ドラッグ「ラッシュ」約64・2ミリリットルと覚醒剤約0・083グラムを所持。今年2月にも渋谷区の自宅でラッシュ約3・5ミリリットルを所持したとしている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請