大迫傑、インターハイ中止の高校生にエール「追い抜くチャンス」

プロジェクトを設立した(左から)桐生祥秀、大迫傑、寺田明日香
プロジェクトを設立した(左から)桐生祥秀、大迫傑、寺田明日香

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ=が12日、オンライン上のトークイベントに参加。コロナ禍で夏の高校総体が中止となるなど、競技環境に大きな影響を受けている高校生へ「できることは探せる。多くの選手が状況を言い訳にしているけど、そういう選手を追い抜くチャンスと思えば、モチベーションにも困らない。とらえ方次第」と持論を説いた。

 イベントは、高校生世代の支援が目的の「高校陸上ウィズ・アスリーツ・プロジェクト」の一環。高3時に男子100メートルで10秒01を記録した桐生祥秀(24)=日本生命=は「できるだけポジティブにいけば可能性は広がる」。女子100メートル障害で高校総体3連覇の寺田明日香(30)=パソナグループ=も「いろいろなことに挑戦する期間だと思ってほしい」とエールを送った。今後は記録会開催なども含め、支援法を模索する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請