テレ東の歌姫・森香澄アナ話題沸騰中…「鬼滅の刃」の主題歌オーケストラと歌唱したYouTubeが一晩で4万回再生

幅広く活躍する森香澄アナ
幅広く活躍する森香澄アナ

 アナウンサーの素顔に迫る「Ho!送局の華」。今回はテレビ東京の森香澄アナウンサー(24)にテレビ会議アプリ「Zoom」で聞きました。9日の特番「内村のツボる動画」(火曜・後6時55分)でアニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」をオーケストラと歌唱してYouTubeなどで話題沸騰中。幼い頃から好きな歌と関わる一方で「ウイニング競馬」(土曜・後3時)では未経験の競馬中継にも挑戦するなど2年目を突っ走っている。(浦本 将樹)

 力強く声を張り上げる森アナ。だが周りには誰もいない。ピアノ、バイオリンなどオーケストラの12人は各自送ってきた演奏動画で参加。新型コロナウイルス感染拡大の状況下、リモート収録で渾身(こんしん)の一曲ができあがった。

 放送直後にYouTubeでアップされると早くも大反響。一晩で4万に迫る再生回数を稼いでいる。

 「最初は全員でZoomでやる予定でしたが、時間差でどうしてもそろわなくて。送ってもらった動画でも合わせるとピッタリで『さすがプロの皆さん』と感動しました」

 自身も新型コロナの影響でカラオケボックスに行くことができず、自宅で入浴中に練習を重ねた。ぬるま湯で半身浴しながら毎日約2時間。家族からは苦情もきた。

 徐々に“テレ東の歌姫”として浸透している。きっかけは昨年10月だった。同番組で、ウグイス嬢やアナウンサーなど、声を使う職業の人は歌がうまいのかどうかを検証。社内選考を経て森アナが欅坂46の「サイレントマジョリティー」を踊りつきで披露すると、ネット上で火がつきYouTubeでは200万回以上が再生された。

 「町を歩いていると『サイレントマジョリティーの人だ!』と言われることがあります(笑)」

 “数字を持つアナ”として今回の曲はどのくらい稼ぐのか。番組では「再生回数1000万回」を目標にしているが本人は「数字は気にしていないです。YouTubeを見て、もっとテレビ東京を知ってほしいです」と愛社精神を見せる。

幅広く活躍する森香澄アナ
「ウイニング競馬」でも奮闘中
すべての写真を見る 2枚
1 2

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請