橿原が大阪和泉に競り勝ち4強入り!…第42回堺市長杯争奪浜寺大会

初回に橿原・岩本の右犠打で先制ホームを踏んだ八尾
初回に橿原・岩本の右犠打で先制ホームを踏んだ八尾

◆第42回浜寺大会 ◇中学生の部▽準々決勝 大阪和泉ボーイズ5-8橿原ボーイズ=時間切れ=(7日・浜寺公園NO1野球場)

 ボーイズリーガーにとって久々の活躍舞台となる「第42回堺市長杯争奪 浜寺大会」の準々決勝が7日行われ、昨年のジャイアンツカップに出場した強豪・橿原ボーイズ(奈良県支部)が大阪和泉ボーイズ(大阪阪南支部)に競り勝ち4強入りを決めた。 

 9番打者の一発が、勝利への号砲となった。橿原が2点リードの2回無死二塁。成戸の放った打球は、大きなアーチを描いて左翼席へ突き刺さった。「入ってびっくりした。思っているより気楽に打てた」。自身も驚きの特大2ランで、ナインがさらに勢いを増した。

 その後も無死二塁とすると、藤井が中越えへ適時二塁打。3回にも松井主将の適時打などで2点を追加し、試合を決めた。昨年、中学硬式野球の日本一を決める大会「ジャイアンツカップ」に出場。当時1年生ながらメンバー入りした八尾は、この試合で2安打1盗塁、2得点するなど不動の1番打者に成長。「打って塁に出る。後はメンバーを信頼している」と気合も十分だ。

 この経験に加え、ナインは自粛期間中に、自主トレで1日500回の素振り。チーム練習が始まってからは、素振り、マシン打撃など合わせて1日3000回バットを振った日もあったという。

 そして堂々のベスト4入り。2年生中心のチームをまとめる松井は「(コロナ明け)初大会だったが、緊張はなく、チームの主である打撃がよかった。支部予選での良い結果につなげていきたい」と宣言。力強いキャプテンのひと言で、メンバーの士気はさらに高まるはずだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請