米津玄師 最新アルバムでRADWIMPS野田洋次郎と初コラボ「PLACEBO+野田洋次郎」

新アルバム「STRAY SHEEP」に、RADWIMPS・野田洋次郎との初コラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」が収録される米津玄師
新アルバム「STRAY SHEEP」に、RADWIMPS・野田洋次郎との初コラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」が収録される米津玄師
米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」に参加し、コラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」を歌うRADWIMPS・野田洋次郎
米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」に参加し、コラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」を歌うRADWIMPS・野田洋次郎

 シンガー・ソングライターの米津玄師(29)が、8月5日発売の新アルバム「STRAY SHEEP」の収録曲「PLACEBO+野田洋次郎」で、4人組バンド・RADWIMPSの野田洋次郎(34)と初コラボレーションすることが12日、発表された。

 2人の出会いは15年11月のRADWIMPSの対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の初日公演。同バンドは、米津にとって「すごく影響を受けている」「クソみたいな高校生だった頃のヒーロー」。尊敬する野田と同じステージに立ち、それから親交を深めていった。

 初コラボレーションが実現し、米津は「高校生の頃にRADWIMPSと出会い、その音楽性に衝撃を受け、虜(とりこ)になった瞬間を、ついこの間みたいに思い出せます」と回想。「2015年に行われた対バンイベントに呼んでいただいたのを機に、今では、洋次郎さんと当たり前のように飲みに行ったり、くだらない話ができたりしていることが不思議でなりません。彼の声がこの曲に乗った瞬間の高揚も、あの時の衝撃のようにいつまでも鮮明に思い出せる記憶として、僕の中に深く残るでしょう。先輩、いつもありがとうございます。また遊びましょう」と振り返った。

 野田は「米津とのレコーディングは、とても気持ちのいい時間でした。『一緒にやりましょう』と声をかけてもらい、楽曲を聴いた時は意外な感じもしました。『この2人がやるとしたら…』という漠然としたイメージが自分の中にもあったんだと思います」とコメント。「いざレコーディングを進めていくと、この曲が持つ世界の軽やかさ、危うさがとても心地よかったのです。何より彼の声と自分の声が重なった時、想像を遥(はる)かに超えて、混じり合い響きあうのを感じ、興奮しました。米津、声をかけてくれてありがとう」と喜びをかみ締めた。

 この日、米津の最新アーティスト写真が公開された。撮影は写真家の水谷太郎氏。大きく広がる空をバックに、優しい光が差し込む写真になっている。

 同アルバムは、第10回CDショップ大賞で大賞を受賞した「BOOTLEG」(17年11月)以来、2年9か月ぶりのアルバムリリースになる。収録曲は全15曲。初収録となるヒット曲「Lemon」を始め、TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌「馬と鹿」や、昨年の日本レコード大賞楽曲のFoorin「パプリカ」のセルフカバーバージョン、「Flamingo」「海の幽霊」、TBS系「MIU404」(26日スタート、金曜・後10時)の主題歌「感電」など、話題曲が並ぶ。

新アルバム「STRAY SHEEP」に、RADWIMPS・野田洋次郎との初コラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」が収録される米津玄師
米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」に参加し、コラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」を歌うRADWIMPS・野田洋次郎
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請