【2009年6月13日】プロレスラーの三沢光晴さんがリングの事故で帰らぬ人に 享年46、来年は十三回忌 いまなお語り継がれる名勝負の数々

GHC王者時代の三沢光晴さん
GHC王者時代の三沢光晴さん

 日本プロレス史を代表する偉大なプロレスラー・三沢光晴さん(享年46)が、2009年に試合中での痛ましい事故で亡くなってから6月13日で11年となる。ジャッキー・チェン主演のアクション映画「スパルタンX」のテーマ曲を聴くたびにエメラルドグリーンのタイツをはいた三沢さんの入場シーンを思い出す人も多いだろう。

 最後の試合となったのはプロレスリング・ノアの広島大会(広島グリーンアリーナ)。メーンイベントのGHCタッグ選手権試合に挑み、試合中に受けたバックドロップで頭部を強打し、直後に心肺停止に。市内病院の集中治療室に緊急搬送されたが、意識を回復することなくこの世を去った。第一線で活躍していたトップレスラーの事故死は、プロレスファンだけでなく日本中に大きなショックを与えた。

 来年は早くも十三回忌を迎えるが、数々の名勝負はいまだ輝きを放っている。レスリングの名門、足利工大付高出身で3年時に世界ジュニア選手権に出場、国体でも優勝。81年3月にジャイアント馬場さんの全日本プロレスに入門し、同年8月にデビュー。2代目タイガーマスクを経て、ヘビー級転向後は、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、スタン・ハンセンらレジェンドらをも凌駕し、時代を築いた。

 鶴田、天龍らの次世代として、“国宝級”の三冠ヘビー級統一ベルトの価値を高めた人でもある。同級選手権への出場回数は歴代1位の34回(2位は川田の32回)。最多対戦カードも川田利明との8回(2位は三沢光晴―スタン・ハンセンの6回)。圧倒的な支持を受けた。

 レスリングの基本に忠実で受け身の技術は天才と呼ばれ、「プロレスの教科書」とも評された。マイクで相手を挑発したり、自己主張するパフォーマンスを好まず、リング内容を重視した人だった。リング上でマイクを持つだけで、記事になる、それぐらいリングにこだわった。

 その真骨頂は極限まで技を応酬しあう「王道プロレス」。対戦相手の真価を引き出す技術はまさに芸術級だった。技を繰り出し、受け切り、最高奥義でフィニッシュ。代表的な試合が、05年7月のノア創立5周年の東京ドーム大会で1935日ぶりに実現した、当時全日本のエース・川田利明との一騎打ちだ。川田のハイキックに、左耳鼓膜を破裂させながら壮絶な死闘の末に、非情のエルボー14連発をたたきこんで最強ライバルを撃沈。総合格闘技が席巻した当時のマット界で、プロレス衰退の声を吹き飛ばし、醍醐味を見せつけた。

 代名詞のエルボーだけでなく、必殺技のレパートリーを語るだけでも胸を熱くするファンも多いだろう。打撃、投げ技、関節技、会場がどよめく、返し技の体さばきはすごかった。マスクマン時代の「タイガードライバー」シリーズから、全日本離脱後の究極奥義「エメラルド・フロウジョン」に至るまで、多くの必殺技を編み出した。

 1999年1月に師匠のジャイアント馬場さんが亡くなり、全日本プロレスの社長に就任したが、馬場元子オーナー(故人)と方向性が合わず退団。2000年7月7日にプロレス界に箱船を作ると、「プロレスリング・ノア」を旗揚げした。三沢さんの人望にひかれて小橋健太(現建太)、田上明、秋山準らが追随し、約50人が離脱。当時としては日本プロレス史上最大規模の団体となり、最高峰タイトル「GHC(Global Honored Crown)ヘビー級選手権試合」を軸に新時代の王道プロレスを追求。新設ベルトだったGHCの価値を、三冠ヘビー、新日本伝統のIWGPヘビーと肩を並べるまでに高めた。

 地方興行の観客動員の減少など人気の低迷が目立つ中、社長業とレスラーの二足のワラジをはく、激務は相当なものだったはずだ。所属選手の生活を維持させるために戦い続けた、責任感の人でもあった。

 馬場さんは61歳。三沢さんが最も尊敬した鶴田さんは49歳で亡くなり、三沢さんは46歳の若さでこの世を去った。まさに死ぬまで愛したリングで戦い息絶えた、壮絶な人生だった。

 ◆三沢光晴(みさわ・みつはる)1962年6月18日、北海道・夕張市生まれ。享年46。81年8月に全日本プロレスでデビュー。以後、2代目タイガーマスクを経て全日本のエースに君臨。2000年8月に全日本を退団しノアを旗揚げ、社長に就任。06年9月にはグローバル・レスリング連盟初代会長に就任した。得意技はエルボー。血液型O。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請