アンジャッシュ渡部建、全レギュラー番組8本消滅も テレビ関係者「復帰は難しい」

テレビとラジオで計8本のレギュラー番組を抱える渡部建
テレビとラジオで計8本のレギュラー番組を抱える渡部建

 人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が、レギュラーを務める番組などの出演自粛を申し入れていることが10日までに、明らかになった。渡部はテレビとラジオ計8本のレギュラー番組を持つ“売れっ子”だけに、出演自粛の申し出に各局は対応に追われた。

 歌手・森高千里(51)と司会を務めるフジテレビ系音楽番組「Love music」(日曜・深夜0時半)の収録がこの日、都内のスタジオで行われたが、渡部の姿はなし。代役は、同局の男性アナウンサーが務め、収録が行われた。

 MCを務めるTBS系「王様のブランチ」(土曜・前9時半)は、次回放送の13日以降、当面の間の出演取りやめを発表。一部で出演して生謝罪すると報道されたが関係者は「番組の性格から生謝罪はあり得ません」と否定した。現在はMCのみがスタジオで共演者はリモート出演しているが、「代役を立てるかどうかについては検討中です」としている。

 14日放送のテレビ朝日系「相葉マナブ」(日曜・後6時)、日テレ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)では渡部の出演シーンをカットや再編集などで対応するという。

 また冠番組「白黒アンジャッシュ」(火曜・後11時)を放送する千葉テレビは、9日放送を最後に一時休止し当面は別番組に差し替えることを決定。来月後半まで収録済みだったが、相方・児嶋一哉(47)のみでの撮り直しも含め検討に入った。

 NHKではアンジャッシュが出演し、過去にEテレで放送した道徳番組「ココロ部!」を学校向けコンテンツ「NHK for School」で配信していたが、動画を全削除。同局広報部は「所属事務所から自粛の申し出があったため」と説明した。

 高い好感度を買われて出演番組を増やしていた渡部だけに、テレビ関係者は「当面(の自粛)としているが、悪いイメージがついてしまったので、復帰は難しいのでは…」と話しており、レギュラー番組が“消滅”する可能性も出てきた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請