浜寺、5コールド勝ちで4強進出“待望の球春到来” 

1回1死一、二塁、右越えに先制のエンタイトル二塁打を放った浜寺・矢野
1回1死一、二塁、右越えに先制のエンタイトル二塁打を放った浜寺・矢野

◆第42回浜寺大会◇中学生の部▽準々決勝 浜寺ボーイス10×-3堺ボーイズ=5回コールド=(6、7日くら寿司スタジアム堺ほか)

 ボーイズリーグについに“球春”が到来した。日本少年野球連盟がローカル大会などの開催を認めたことを受け「第42回堺市長杯争奪 浜寺大会」が6日に開幕。ホストチームの浜寺ボーイズ(大阪南支部)は、準々決勝で5回コールド勝ちし4強入りを決めた。枚方ボーイズ(大阪北支部)も大阪南海ボーイズ(大阪阪南支部)との激戦を制しベスト4進出を果たした。

 とてもブランク明けのチームとは思えなかった。浜寺ナインは初回からエンジン全開。1死から吉村が絶妙なバント安打で出塁すると、続く南川は中前打。この好機で打席に入った矢野が右翼へエンタイトル二塁打を放った。「前の試合まで打ててなかったので、絶対打つつもりだった。詰まった感じだったけど、感触はよかったし、よく飛んでくれた」。笑顔を見せた4番打者の先制打に他の選手も続いた。

 この回に廣野、林、塔本らが適時打を放つなど一挙6得点すると、2回には、昨年に小学生の部で4冠達成した大阪泉州の中心選手だった1年生・中野が代打で登場し右中間へ適時三塁打。4、5回にも南川、廣野が次々に適時打を放つなど、打線は最後まで元気いっぱいだった。

 初戦に続き、準々決勝でもコールド勝ちし堂々の4強入り。中学通算20本塁打の長距離砲で、大会通算9打数8安打と絶好調の南川は「調子自体はいいが、まだ本塁打が出てないので」とニヤリ。林主将も「チームの雰囲気は最高。この勢いで4年ぶりのホストVと全国大会出場を目指す」と宣言した。この勢いなら、それも実現可能だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請